即日融資希望!50万円以下なら収入証明書不要!

即日融資希望!50万円以下なら収入証明書不要!

消費者金融や銀行系カードローンでお金を借りる際に必要になるのが収入証明書。貸し借りすぎを防ぐ賃金法の改正により、収入証明書の提出が義務化されました。

 

1社あたりの利用限度額が50万円以下の場合、他社からの借入合計額が100万円以下の場合、銀行カードローンの場合には収入証明書は必要ありません。

 

借入金額が規定額を超えなければ収入証明書は不要になるのです。収入証明書無しで50万円以上の借入を考えているなら、貸金業法は対象外の銀行系カードローンがオススメです。

 

【収入証明書とは】

 

収入証明書とは、基本的にはカードローンに申込む時に提出を求められる自分自身の収入を公的に証明する書類です。給与所得者の場合、一番メジャーなのは源泉徴収票や給与支払明細書だと思います。源泉徴収票は毎年、年末調整の時期に配布されますし、給与明細書も毎月受け取っているはずです。源泉徴収票が準備できれば間違いなしと思ってよいでしょう。カードローンを利用する際には前もって用意しておかなければ迅速な融資を受けることができないので気をつけましょう。

 

消費者金融は総量規制の対象となる業者ですので、収入証明書が必要となる金額が低く設定されています。50万円以下の場合は収入証明書が不要なので、10万円だけ借り入れをしたいという場合にはもちろん書類の可能性は低いでしょう。

 

【収入証明書類が不要】

 

大きな金額が必要でなおかつ収入証明書をすぐに用意できない、と言う人は銀行のカードローンを利用すると迅速に融資を受けることができるかもしれません。

 

高額な借入限度額を希望する場合やすでに他社から借りている場合などは収入証明書が必要になりますので、前もって準備しておきましょう

 

。また、収入証明書類が不要!と銀行カードローンや消費者金融の公式サイトに大きく書かれていても、場合によっては収入証明書類の提出を要求される場合があります。
提出する場合、年収が高い方が審査も有利ですから、ボーナスがあるならば源泉徴収票など年収が客観的に分かるものを提出するべきです。